TOP めん類 焼肉・鉄板焼き お食事処・ダイニング すし・和食
中華 居酒屋 美容・健康 パン・ケーキ・お菓子 その他

 店主の田中豊治さん(65)、厚子さん(62)夫妻が、「誰もが気軽に立ち寄れて、ゆっくり休んでいける場所にしたい」という思いから“おやすみ処”と名付けた。12月1日にオープンしたばかりだが、友人や近所の住民が訪れ、にぎやかで楽しいひとときを楽しんでいる。
 「おいしくて優しい味付け」と好評の料理は厚子さんが担当。15年以上もの間、スーパーなどの売り場に立つマネキンとして勤務したという。食材や調味料を効果的に宣伝しようと、調理や味付けを自分で考えていた経験を活かしている。
 メニューはキノコや月見など8種類のうどん(各300円)やカレーライス(400円)、一番高いものでも500円の定食なので、おしゃべりしてお腹が空いてもワンコインあれば食事ができる。
 コーヒー、紅茶は各100円。「串だんご」(100円)と「大福」(同)をお茶のお供にしても、とてもリーズナブルだ。
 「広く知ってもらい、お年寄りのサロンのようにみんなが集えるところにしていきたい」というのが2人の目標。「誰でも気軽に“おやすみ”しに来てほしい」と、話している。