web yomitoma TOP 和食・そば・居酒屋 洋食・カフェ・レストラン
中華・焼肉・
鉄板焼き・ラーメン
パン・ケーキ・お菓子
  理容・美容・健康   その他     
 苫小牧市錦町の飲食店街に今年10月オープンしたそば店。道内産そばの実の中心の白い部分だけを挽いた「一番粉」による更科そばが味わえると、早くも多くの常連客が通っている。
 店主の矢木初栄さんが毎日、本カツオ節やアジ節、サバ節などでていねいにとっただしと有機大豆の醤油を合わせてそばつゆを作る。すっきりした甘みのつゆは「香り高いそばとの相性もぴったり」と評判も高い。
 今の季節、広島または道内産の旬のカキが入った「かきそば」(1,000円)が人気。大粒でプリプリのカキの身と、そばつゆに広がる磯の香りは一度味わうとくせになりそう。体が心底温まる「カレー南蛮そば」(850円)や、たっぷりのすだちと大根おろしでさっぱりした風味の「すだち冷やかけそば」(同)もおすすめだ。
 「そば焼酎 雲海」(500円)や全国の地酒(500~750円)もあり、アルコール類を注文するとおつまみを付けてくれるのがうれしい。「自家製塩麹の漬物」(350円)や「薩摩地鶏のたたき」(500円)など、お酒に合うメニューも用意している。
 来春からはお客さんからの要望に応えて午後6時頃から開店し、居酒屋メニューも増やす予定。矢木さんは「単身赴任の方がポケットマネーで飲んで食べられる店にしたい」と話している。
▲カレー南蛮そば  
 
戻る