ウェブよみとま TOP めん類 焼肉・鉄板焼き お食事処・ダイニング すし・和食
中華 居酒屋 美容・健康 パン・ケーキ・お菓子 その他
むぎぜん
 沼ノ端の国道234号線沿いに1989年にオープンした、室蘭や苫小牧で多くの店舗を持つ「小がね」の沼ノ端店。数ある支店の中でも最もメニュー数が多く、「ここにしかない味」を求めて遠方からもファンが訪れている。
 のどごしのいいそばと、店主の佐々木洋壽(ようじゅ)さん(70)がソウダガツオ節とサバ節などを使ってとるダシの効いたつゆは、多くのそば好きに愛される味。「もりそば」(545円)や「天ざるそば」(1045円)、「かつ丼」(同)といった定番メニューのほか、日替わりで壁に貼り出している「本日のおすすめ」にも注目を。
 今の季節なら「冷やしかき揚げそば」(おにぎり付・780円)、「冷やしぶっかけそば」(いなり2個付・同)、「ミニ天丼と冷やし梅おろしそば」(800円)がよく登場している。「そばと一緒にご飯も少し食べたい」という人にうれしいメニューだ。
 ほかに、さっぱりしたおろしが決め手の「和風おろしとんかつ定食」(1510円)や、「きのこおろしそば」(890円)、900㌘のそばが山のように盛られている「特大もり」(695円)などもおすすめ。
 また、フェリーターミナルにも近いので、「持ち帰り用かつ丼」(1200円)や「同・親子丼」(1000円)を買ってフェリーに乗り込むお客さんも少なくないという。
 「おいしいものをお腹いっぱい味わってほしい」という佐々木さんの思いが伝わる、食べた後は幸せな気分に浸れる1軒だ。




 
戻る